消費者金融での融資と銀行での融資の違いはどこ?

資金子使途も限定せれず、使用限度枠内であれは現金を借入れできる便利なカードローンですが、現在、消費者金融や銀行などが提供しています。
借りる側にとって、銀行そして消費者金融と選べる幅は広がりますが、両方のメリット、デメリットを把握しておくのは大切です。

 

では銀行のカードローン、消費者金融のカードローンどのような違いがあるのでしょうか。
デビットカードに関しましては、デビットカード 比較 オススメをご参考ください。

 

消費者金融より銀行の方が安心?

銀行と聞けば「安心、安全」、消費者金融といえば「危ない恐い」というのが一般に多くみられる傾向です。
一度、消費者金融に手を出しまったなら、生活はもう借金地獄というイメージがあるようです。
実際はどうなのでしょうか。

 

現在、大手消費者金融は金融庁の指導の基、法に沿って営業しています。
ですから、世間一般で考えられているような恐い取り立てに遭うことはありませんし、不法な金利を請求されることもないようです。

 

借りる側がよい返済計画を立てそれにそってお金を借りるなら、借金で首が回らないということにはならないので安心しましょう。

 

ですが、消費者金融の中には現在もヤミ金業者も潜んでいますので注意が必要です。お金を借りる際は、大手と呼ばれている消費者金融を選ぶようにしましょう。

 

お金を借りる際は絶対に銀行が安心という方も多いいようですが、すぐに借入れ先を決めるのではなく、大手消費金融がどんなサービスを提供しているかどんなメリットがもあるか少し調べてみるのもよいかもしれません。

 

銀行でのカードローンのメリットは

個人の借金が社会的問題になったことから2010年、改正資金業法により、「総量規制」という規制ができました。では「総量規制」とは一体どんな規制でしょうか。
これは、個人向けの融資において、利用者の年収の3分の1を超える借入れができないように定めた規制です。
例えば、年収が300万円だとするならば100万円までしか融資が受けることができないのです。

 

これの規制が対象となるのが貸金業者で、その一つに消費者金融が含まれています。
ですが銀行は、貸金業者ではないのでこの規制の対象外なのです。
もし、年収の3分の1以上の借入れを望む場合は、銀行での融資が消費者金融の融資より優れているというわけです。
これが銀行でのカードローンのメリットといえます。

 

他にも、消費者金融より低金利という点は銀行のカードローンにする利点です。これは、経済的にも負担を軽減できますね。

 

また、銀行というだけで安心感があるのではないでしょうか?

 

 

消費者金融のカードローンのメリットは

先ほど触れた点だけをみると、銀行でのカードロンはやはり消費者金融でのカードローンより優れていると感じるのではないでしょうか。

 

では、銀行に負けないほどの消費者金融のメリットはどこにあるのでしょうか。
何といっても借入れまでの時間が銀行より速いということです。

 

銀行は消費者金融より審査が厳しいのが現実です。ですから、審査終了までの時間がそれなりに掛かってしまします。
お金を借りられるとなった時には、もうその必要がなくなってしまうこともあるかもしれません。

 

それに比べ、大手の消費者金融は審査終了までの時間がわずか30分というとこもあり、その日中に必要なお金を借入れすることもできます。
そのように、大手消費者金融は即日の点で銀行に大きく差をつける結果となっています。
スピード審査を可能にすることにより消費者金融は顧客に即日融資することができるというわけです。

 

その対応の速さの点から沢山の人から指示され利用されていています。
借入れする方法も柔軟に対応しています。
お金が必要になった時、スマートフォンやパソコンを使いインターネットでの申し込みもできるので店頭に出向く手間が要りません。

 

またインターネットなら24時間申し込みを受け付けているので忙しい人にもとても便利です。

 

現在、大手消費者金融は銀行と提携しているところも多く安心して借入れできます。

 

選ぶなら銀行?それとも消費者金融?

やはり低金利を重視するなら、銀行がやはりよいと言えます。

 

でも、すぐにお金を借りたいと人はやはり消費者金融がお勧めです。
お金は急に必要となるものですから、すぐに借入れできるのは消費者金融で借入れする最大のメリットです。
でも、消費者金融の金利は気になりますね。大手消費者金融のウェブサイトでは返済シミュレーションを行っているところもあるので試してはいかかでしょうか。

 

また、消費者金融のプロミス、アコム、レイクでは初回の方限定で30日間利息無しというキャンペーンを実施しているようです。
お金を借りても30日間以内でお金を返済すれば、利子は取られないということですから、これもメリットではないでしょうか。

 

結論は、その人の必要によってどちらにするかの選択は異なります。
銀行、消費者金融での借入れのメリット、デメリットを知り、自分にあった借入れをしたいものです。